About us

皆様こんにちは!
外国人観光客向け日本の情報サイト ”ガイナビ” をご覧下さいまして誠にありがとうございます。

名前
は、外国人とガイドのGUI + ナビゲーションのNAVI  外国人観光客のガイド役として良き旅となるようナビゲーションしたい気持ちが由来です。

そもそもこのサイトを立ち上げようと思ったのは、驚きと悔しさ からでした。 海外に行くと、なん
このサービスは、なんだこの味は、なんだこの〇〇は。と不満を感じる時が数多くあります。中には皆様もご経験あるかと思います。 

日本は、政治も文化も存在感薄いし、スシは世界的に人気ですが、他の日本食と言えば、いいとこラーメン、天婦羅ぐらい。しかも、海外での日本料理店は中国や韓国の経営が多数。 

なんか悔しくないですか?

驚きで言えば、ガイドブックです。
皆さんは、海外で販売されている日本のガイドブックをご覧になったことがありますか? 
現在も最新号として販売されており、よく電車内や街中で外国人が持ち歩くのを目にする、ある海外大手ガイドブック出版社の本を見て私はビックリ
しました。最高峰の寿司店やステーキハウスなど、現地人である我々日本人でさえ、高級すぎてなかなか行けない様な店が紹介の大半を占めている。 また、最先端ファッションエリアであるはずの青山原宿エリア紹介において、ロックンロールのリーゼント族がメイン画像の一つとして掲載されていました。 日本は、こういうトコロですよとPRすべきガイドブックが、こんな有り様なのです。 

本来の日本は自然、文化や伝統がたくさんあり、電化製品や車を代表としてハイテク、高性能、モノづくり大国としての認知をされています。 最近では、アニメやオタクなどのサブカルチャーも知られるようになってきました。

グルメでは、すでに
2010年においてミシュランガイド東京で、東京は総軒数、総星数はパリの倍以上、三ツ星の軒数までもが世界最多となりました。 また、飲食店の数も、パリが1万3000軒、ニューヨークが2万5000軒であるのに対し、 東京だけで16万軒なのそうです。 日本では、本当に数多くの国の郷土料理店があります。 金融では、ニューヨーク、ロンドンと並び称され、GDPは長らくアメリカに次ぐ第二位、都市としては東京は世界ナンバーワン、一日の乗降客数も新宿が世界ナンバーワンであり、経済としても日本は超大国なのです。 

それだけではありません。
外国人観光客にとっても、もちろん日本人にとっても、日本は過剰なくらい便利な国です。
喉が渇けば近くに自動販売機がある。
24時間開いているコンビニだって至る所にある。 スーパーでの買い物だって24時間出来る所がある。 レストランもファミレスなら大半が24時間。 電車だって基本定刻に出発するのが当然。 コンビニの数を含めれば、至る場所にトイレがある。 日本にいると、我々日本人はあまりにこれらに慣れすぎていて、ついつい当然だと思ってしまいますよね。 
けれど、海外に行くと全く当たり前ではない。本当は逆に日本が凄すぎるのです。

そう、本当は日本ってスゴイ
んです。 

なのに、 昨年度2012年の外国人観光客訪問数で世界33位、830万人しか来ない(大震災のあった2011年は620)
このうち恐らく
半数近くは出張での訪問と思われます。 先進国の中でダントツに人気がない、それが今の日本の現状なのです。(英国やドイツは3000万人、米国や中国、スペインは6000万人前後、フランスにいたっては8300万人もの観光客が訪問。) ちなみにお隣の韓国は1100万人、香港は2300万人、シンガポール1000万人です。

2013年度は1000万人をようやく超えるようですが、外国人旅行者をもっともっと魅了出来る国にしたい。たくさんの素晴らしさを分かってもらいたい。本来の日本の良さを伝えたい。
せめて今日本いる外国人旅行者に、有益な情報をお伝えし、日本を旅行中に少しでも快適に過ごして頂きたい、そんなおもてなしの精神でサポートしたい。

我々は、それらを具現化したサイトを制作運営して参ります。



しかしながら、我々だけでは微力です。情報やアイデア、ご意見など、皆様からのご協力は無限に必要でございます。 お一人でも多くのご賛同やご協力を頂けましたら幸いです。 どうぞよろしくお願いします。

******情報募集********
是非、外国人観光客を招致したいスポット、店舗、イベントなど広く情報を募集します。 
*どのような情報でも掲載は無料です。

●運営会社及びお問い合わせ先●
Legalo japan株式会社
ガイナビ事業部
sales@guinavi.com